赤山事務所・FP・相続・不動産は生命保険を活用した相続税対策をオススメします

お問い合わせはこちら

新着情報

和歌山県で相続税の対策をお考えの方、赤山事務所・FP・相続・不動産は生命保険を活用した相続税対策をオススメします

2020/06/10

平成27年、相続税法が改正されました。非課税枠は、3,000万円に法定相続人1人あたり600万円。

生命保険をうまく活用すれば、それが遺言にもなり、相続人たちが揉めない手段となり、また、孫にも財産を残すことにつながります

法定相続人以外の方にも財産を残したい人必見です

一時払い終身保険を活用してください

昨日のテーマの内容に、さらに付け加えます。

実は、せっかく遺言をしても、遺言書が紛失してしまったり、裁判所の手続きがうまくいかなかったり、様々な事情で遺言の効力がうまくいかないときもありますよね。

今回はもっと強い作戦です。

生命保険の一時払い終身保険を利用すると

相続税対策もできるんです。

例えば

4人家族で、父親が亡くなった場合で、遺産が5,000万円だとします。

すると、

通常であれば

母が2,500万円

子どもがそれぞれ1,250万円ずつの相続配分となり

非課税枠は3,000万円+600万円×3=4,800万円

つまり、相続税が発生します。

不動産を所有している方は。今後、相続税に引っかかるケースが多いので

よく聞いてください

一時払い終身保険を活用すると

相続人1人につき、非課税枠が500万円追加されます。

しかも、受け取る際に、現金でまとめて受け取ることができるので

受け取る時まで、無駄遣いをされることもないんですね。

詳しくは赤山事務所・FP・相続・不動産にお問い合わせください。

相談無料です

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。